関節痛に効くサプリ?タマゴサミンの効果や副作用を徹底解説!

タマゴサミンの成分、iHAって何?という方へiHAを簡単解説

主成分アイハ(iHA)の特長とは

タマゴサミンの主成分にもなっているアイハ(iHA)という成分は、卵の黄身に含まれているタンパク質から抽出される卵黄ペプチドの一種です。

 

産卵されたばかりの卵は、黄身と白身が分かれていますが、たった21日間という短い期間でヒヨコが生まれてくるほど驚異的な生命力を持っています。

 

その生命力の源にもなっているiHAには様々な作用がありますが、その中でも最も大きな作用と言われているのが、ヒアルロン酸を作り出す働きをするというものです。

 

ヒアルロン酸は細胞の一つ一つに含まれている水分成分であると同時に、関節部分ではクッションの役割もしていて、関節部分の潤滑油的な存在となっています。

 

もともとは体内で生成できる成分ですが、年齢とともに生成されにくくなってしまうのがヒアルロン酸の特徴です。

 

年齢を重ねると膝などの関節痛を抱える人が多くなるのは、体内のヒアルロン酸の量が不足してしまうためなのです。

膝の痛みに対するサプリメントの効果とは?3つのメリットとデメリット

 

 

その他の成分

関節痛を軽減してくれる成分には、他にもグルコサミンやコンドロイチンなどがあります。

 

グルコサミンはグルクロン酸と結合することによってヒアルロン酸を作り出すことができる成分で、ヒアルロン酸の一部と考えることができます。

 

また、コンドロイチンは軟骨成分の一種で、網目状になっているヒアルロン酸に付着することによって関節部分のクッション成分を強化することができる成分です。

 

そのため、ヒアルロン酸の量がもともと少ない人にとっては、グルコサミンもコンドロイチンも大きな効果を期待できないため、もともとのヒアルロン酸の量を増加してあげることが、クッション部分の痛みを軽減したり解消したりするためには必要な対策となります。

 



 

相乗効果で痛みを軽減!

タマゴサミンの原料となっているiHAには、体内のヒアルロン酸を減少させない抑制作用があると同時に、体内でどんどんヒアルロン酸を作り出す作用があります。

 

そのため、確実にクッション成分を増やして痛みを軽減することができるのです。

 

コンドロイチンやグルコサミンなどの成分も、iHAと合わせて摂取すればより大きな相乗効果が期待できます。

タマゴサミンの評判はいかがなものか?


 
トップページ タマゴサミンのお得な販売店 膝の痛みに対するサプリメントの効果とは?3つのメリットとデメリット