関節痛に効くサプリ?タマゴサミンの効果や副作用を徹底解説!

グルコサミンサプリとタマゴサミンが違うところは?

グルコサミンが主成分のサプリって?

膝の痛みサプリはたくさんのメーカーからラインナップされていて、それぞれ有効成分が異なります。

 

その中でも良く知られているのがグルコサミンサプリですが、グルコサミンサプリの主成分となるグルコサミンは、グルクロン酸と結合することによってヒアルロン酸を作り出すという性質があります。

 

つまり、グルコサミンはヒアルロン酸の一部と言える成分なので、ヒアルロン酸を生成する機能が低下している人の場合には、グルコサミンサプリでは思うような効果を実感できないこともあるようです。

タマゴサミンの成分、iHAって何?という方へiHAを簡単解説

 

iHAが主成分のサプリの長所

膝の痛みサプリの中でも注目されているタマゴサミンは、卵の黄身から抽出されるiHAが主成分になっているサプリで、体内でヒアルロン酸を作り出す機能を活性化するとともに、体内のヒアルロン酸が減少しないように抑制してくれる働きも持っています。

 



 

グルコサミンやコンドロイチンなどのクッション機能改善成分は、iHAと併せて摂取することで相乗効果が期待でき、タマゴサミンには複数のクッション成分がバランスよく配合されているのが特徴です。

タマゴサミンの評判はいかがなものか?

 

毎日の服用量について

毎日の服用量も大きく異なります。

 

グルコサミンサプリの多くは、毎日8粒〜10粒ほど飲まなければいけない場合が多いのに対し、タマゴサミンは一日わずか3粒で目安量となります。

 

毎日10粒というと数え間違えないように気をつけることも面倒ですし、サプリのボトルや袋もあっという間になくなってしまいますが、タマゴサミンのように1日わずか3粒なら数える手間なども必要ないので便利です。

 

 

効果を実感できるまでの期間は?

効果を実感できるまでにかかる期間も異なります。

 

グルコサミンサプリの場合には、体内でヒアルロン酸を作り出す機能自体が低下していると、続けていてもなかなかはっきりとした効果を実感できません。

 

しかし、タマゴサミンの場合にはヒアルロン酸の機能を活性化する働きがあるので、短期間でも確実な効果を実感することができます。

 

膝の痛みサプリでも、成分によって作用や効果がいろいろ異なるので、サプリを選ぶ際にはそうした点も注意して選びたいものです。

 

タマゴサミンのお得な販売店

 

 


 
トップページ タマゴサミンのお得な販売店 膝の痛みに対するサプリメントの効果とは?3つのメリットとデメリット